若一王子神社の社叢

この神社の境内には、ヤマモガシ、イチイガシ、カンザブロウノキなどの暖地性樹木があり、下草のシダ類や草木類も豊富な種類が自生しています。
この神社の森には暖地性植物がまとまって自生しているとても珍しい場所です。その中には藤枝が分布北限の種類もあり、この地域の代表的な林として、貴重な自然林となっています。


%E8%93%AE%E8%8A%B1%E5%AF%BA%E6%B1%A0%E5%85%AC%E5%9C%92%20002.jpg

この神社は蓮華寺池公園南側の山の反対側にあり、ひっそりとたたずんでいます。


%E8%93%AE%E8%8A%B1%E5%AF%BA%E6%B1%A0%E5%85%AC%E5%9C%92%20005.jpg

神社境内の様子。神社の後の森が貴重な自然林として保護されています。


%E8%93%AE%E8%8A%B1%E5%AF%BA%E6%B1%A0%E5%85%AC%E5%9C%92%20032.jpg

境内にある御神木。雄大さと神秘さを兼ね備えた木で、御神木というのも納得できます。


%E8%93%AE%E8%8A%B1%E5%AF%BA%E6%B1%A0%E5%85%AC%E5%9C%92%20027.jpg

ミミズバイ


%E8%93%AE%E8%8A%B1%E5%AF%BA%E6%B1%A0%E5%85%AC%E5%9C%92%20031.jpg

ヤマモガシ
藤枝のこの境内に自生するヤマモガシは、この種類としては北限に位置するものです。



トラックバック

 トラックバックURL:http://www.joho117.com/mt/mt-tb.cgi/500



コメントをどうぞ!

投稿されたコメントは要承認コメントとして取り扱われ、承認作業が完了するまで表示されないことがあります。